HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?

年齢の上限はありません。また、骨の成長がほぼ完了すると言われている16歳以上であれば、条件さえ整えばどなたでもインプラント治療を受けられます。
ページの上へ戻る

インプラント治療で身体に影響はでないのですか?

インプラントに使われる金属(チタン)は世界中で最もアレルギーの起こりにくい金属だと言われています。骨と結合する性質があり、重度の骨折を支えるためにも使われる金属ですので体に全く影響はありません。
ページの上へ戻る

インプラント治療期間中に食事は問題なくできますか?

通常だと、手術した後4~5日程度はなるべく固い食べ物は避けることをお勧めしています。抜糸をしてから歯肉の状態が安定してきたら問題なくお食事いただけます。
ページの上へ戻る

金属アレルギーがあっても矯正出来ますか?

可能です。金属アレルギー用の素材を使用した矯正装置もあります。矯正治療開始前にご相談下さい。
ページの上へ戻る

矯正歯科治療は妊娠中でも出来ますか?

可能ですが、お勧めしておりません。矯正治療にはレントゲン撮影や場合によって麻酔・抗生物質などを用います。出産後に治療を開始する事をお薦め致します。
ページの上へ戻る

小児と成人の矯正治療は違いがありますか?

小児矯正治療の場合は、成長発育を考慮して骨格のズレから改善出来ます。成人矯正の場合は、歯の移動のみとなります。
ページの上へ戻る

セラミックとハイブリッドセラミックはどちらが良いですか?

ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜたもので、透明感がやや落ちますが安価でできます。
ページの上へ戻る

ホワイトニングした歯を長持ちさせる方法はありますか?

歯ブラシや、その他のグッズの正しい使い方などをマスターし、定期的なデンタルチェックを受けましょう。同時に体が健康になることによって、口の中の健康が維持させれいきますので、生活のリズムや食生活を整えましょう。
ページの上へ戻る

ホームホワイトニングは使用した方が良いですか?

ホームホワイトニングは、オフィスで白くした歯の「あともどり」を防止したり、併用することによって、オフィスホワイトニングの効果を更に強めるというメリットがあります。
ページの上へ戻る

入れ歯は保険でもつくれますか?

もちろん、ご予算に応じ保険内で作成することも可能ですが、自由診療より選択肢が狭まってしまいます。ご要望やご予算に応じて、色々な種類の入れ歯がございますのでお気軽にご相談下さい。
ページの上へ戻る