1.スタッフブログ

2016年9月 6日 火曜日

第2回スタディーグループ赤坂会例会

9月4日(日)、東京国際フォーラムにて第2回スタディーグループ赤坂会例会が開催された。今回のテーマは 『インプラント外科術式を再考する~インプラントトラブルを回避するための正しい術式とは?~』であった。









午前中は堀内克啓先生(中谷歯科医院)から基調講演をしていただいた。外科術式の基本から難症例に対するアプローチまで懇切丁寧に解説していただき非常に感銘を受けた講演であった。特に切開腺から縫合まで日常ではあまり意識せずに行っていたことを再認識できた。アドバンスな外科は正直に言って誰にでもできるとは言えない症例も多々あり、専門医のスキルの高さに圧倒されたというのが感想であるが、今後とも鍛錬を積み少しでも近づけるように努力していきたい。









午後からは村邊均先生先生より「小川Technologyで変わったこと?」というタイトルの講演であった。光機能化によりさらに進んだご自身の臨床を披露していただいた。
続いて会員発表として高田貴虎先生(高田歯科医院)、三宅甲太郎先生(寺西歯科医院)、内田剛也先生(内田歯科医院)が発表した。それぞれトラブルケースを供覧していただき、貴重なお話をお聴きでき感謝している。
今回はインプラント外科がメインテーマであったが、普段なかなか掘り下げられない部分まで示唆に富むディスカッションが行えたと感じている。今後の臨床に多いに活かしていきたい。

投稿者 北大塚歯科