1.スタッフブログ

2014年7月18日 金曜日

7月 TERRA小屋

7月16日(水)、寺西歯科医院セミナールームにてTERRA小屋が開催された。今回の発表者は三浦利之先生と小森真樹先生であった。
トップバッターは三浦先生であった。歯列や咬合平面に不調和があり、診断が非常に難しいケースだと思われた。上下パーシャルデンチャーを用いて咬合再構成を行っていたが、残存歯牙の状態の判断が難しく、特にパーシャルデンチャーの鉤歯としては考えさせられる症例であった。まだまだ、未熟な点もあったとは思うが、持っている力をフルに使ってうまくまとめていたと感じた。今後に期待したい。





(発表中の三浦先生)

続いて小森先生が発表した。まだ、治療途中であったが、かなり難しいケースに挑戦していた。一番難しいと感じたのは上下のアーチの違いをどうコントロールするのかという部分であった。若年者では全顎矯正治療を主なオプションにするのに対して、中年以降で欠損歯もあれば、おのずと治療プランが限られてくる。そのなかで最も効果があると思われるプランを選択するのであるが、必ずしも理想的で見栄えの良いものになるとは限らないのが現実であろう。現在、治療途中であるので、再評価を繰り返しながらできるだけ良いフィニッシュになることを期待している。頑張ってもらいたい。
さて、沖縄ジョイント、TERRA小屋と立て続けにイベントが終わったが、次は9月の赤坂会例会である。少し体力を回復して充実した後半にしたいと考えている。
頑張ります!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2014年7月17日 木曜日

沖縄ジョイントミーティング2014

7月13日(日)、沖縄県市町村自治会館にて沖縄ジョイントミーティング2014が開催された。今回もスタディグループ赤坂会・北九州歯学研究会若手会・CLUB WESPICの3スタディーグループによる合同例会として開催された。今年で11年目の大会であった。
今年は新たな試みとして『トリートメントプランニングセッション』がおこなわれた。これは同一患者の診査資料を用いて、各スタディーグループが独自の治療計画を立案し、各々がプレゼンテーションを行いながらディスカッションを繰り広げるという試みであった。赤坂会の内輪では行ったことがあるのだが、他のスタディーグループとのやり取りは初めてであったが、大いに盛り上がった。それぞれのグループの組み立て方や着眼点に特徴がでて非常に興味深いセッションとなった。
続いて症例発表がおこなわれた。発表順に、
樋口 惣先生 (樋口歯科)『前歯部審美修復の取り組み』
大城 工先生 (中部協同病院 歯科)『当診療科における地域歯科医療の取り組み』
林 以庸先生 (本郷四丁目歯科)『前方遊離端欠損歯列にRemovable Partial Denture を用いて機能回復を行った症例』
であった。
赤坂会からは林先生が初めてジョイントミーティングで発表を行った。かなり緊張していたようだったが、うまくプレゼンテーションできたのではないだろうか。今後の発表にも期待したい。
さて、今年も大いに盛り上がったジョイントとなった。今後はさらに発展するように進化した会にしていきたいと思う。















(みなさん、お疲れ様でした!)

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30