1.スタッフブログ

2014年6月20日 金曜日

6月 TERRA小屋

6月18日、寺西歯科医院セミナールームにてTERRA小屋が開催された。
今回はトリートメントプラニングセッションの2回目が行われました。題材となる症例はエド日本橋歯科勤務の吉田雄太先生が提供してくれました。今回も若手チームとベテランチームに分かれてそれぞれ治療計画をプレゼンしました。それぞれ着目する点が違っていたり、経験の違いで判断が分かれるところもありました。個人的には非常に面白くみれました。みな自分だったらああするこうすると思いをはせたに違いありません。






(吉田雄太先生のケースでトリートメントプラニングセッションを行いました。)

また、主治医である吉田雄太先生の治療の進め方にも様々な指摘があり充実した会になったと思っています。予定より大幅に延びてしまい林先生が担当の英文抄読のパートが来月に持越しとなってしまったのは少々残念ですが、次回に期待したいと思います。来月も楽しみです。
さて、7月に毎年恒例の沖縄ジョイントミーティングが開催されます。ここでも初の試みとして3つのスタディーグループによるトリートメントプラニングセッションが行われる予定です。きっと盛り上がることでしょう!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2014年6月17日 火曜日

日本顎咬合学会 第32回学術大会

6月14,15日、東京国際フォーラムにて日本顎咬合学会 第32回学術大会が開催された。
今回のメインスピーカーはラミネートべニアの第一人者であるDr.Pascal Magneであった。審美修復の最前線の話は興味深いものであった。
また、赤坂会からも顧問の寺西邦彦先生をはじめ、多数のメンバーが講演・発表を行った。その中でも吉田拓志先生が若手歯科医師の登竜門支部選抜発表で一位となる矢澤賞を獲得した。大変誇らしく嬉しい受賞であった。吉田先生に続き今後とも若手の活躍に期待したい。




(吉田拓志先生が1位を獲得しました!)

今年もいろいろな方をお会いしお話をする機会を得た。様々な情報を今後の臨床に活かしていきたい。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2014年6月 5日 木曜日

東京SJCD第1回例会

6月1日(日)、都市センターホテルにて東京SJCD第1回例会が開催された。
まず、午前・午後の3時間にわたってアメリカ ワシントン州でご開業の歯周病専門医・秋本 健先生からのインサービストレーニングが行われた。主に前歯審美領域のインプラント治療にフォーカスを当てた講演であった。抜歯後の骨吸収に対してどのようにアプローチしていけばよいのかを秋本先生のお考えを披露していただいた。様々な方法が取り上げられる分野であるので非常に興味深い講演であった。







(秋本先生の講演。)

また、その後は3名の会員発表が行われた。発表者は以下の通りである。
「重度歯周疾患患者に対するオクルーザルリコンストラクションの1例」ウィステリアデンタルクリニック 佐藤博宣 先生
「矯正治療とMinimal Interventionな歯冠修復にて対応した矮小歯を伴う前歯部開口症例」医療法人社団Teeth Alignment AQUA日本橋DENTAL CLINIC 綿引淳一 先生
「フルマウスリコンストラクションにおける機能と審美獲得の為のチームアプローチ」高田歯科医院 高田貴虎先生
このうち佐藤先生と高田先生は我が赤坂会メンバーであり、さながら赤坂会例会のようであった。個人的にはディスカッションがもう少し盛り上がればよかったと思っているが、2名とも素晴らしい発表であった。今後の糧にしてほしい。















(赤坂会メンバーの佐藤先生と高田先生が発表しました。)

例会後は恒例の懇親会も開かれ充実した1日となった。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30