1.スタッフブログ

2014年5月23日 金曜日

FCDC OB会&スタディーグループ赤坂会 合同症例検討会

5月18日(日)、シロナデンタルシステムズ福岡支店にてFCDC OB会&スタディーグループ赤坂会 合同症例検討会が開催された。FCDCとは初めての症例検討会であったが、診査・診断をしっかり行っているグループであったので想像以上にスムーズにディスカッションが行えたと感じた。また北海道大学で同期である江川光治先生と久しぶりに再会し、勉強できてとてもうれしかった。
発表者はFCDCから3名、赤坂会から3名であった。







(最前列6名が今回の演者である。)

演題と発表者は以下の通りである。
『顎関節症を伴うⅡ級の咬合不全症』高橋喜巳先生
『下顎前歯にインプラントを埋入した成人矯正治療症例』野寺義典先生
『糖尿病を有する重度歯周病患者にインプラントを施した1症例』山口利浩先生
『臼歯部咬合崩壊を伴った慢性歯周炎患者に包括的な治療を行った一症例』吉田拓志先生
『ペリオが進行しているⅡ級2類の症例』三隅賢祐先生
『骨吸収の著しい無歯顎患者に対するインプラントによる機能回復』飯沼 学
FCDC OB会の方々は非常に人柄もよく熱心であり、とても有意義な会になったと思っている。
11月にはFCDCと月臨会そして赤坂会合同で福岡ジョイントミーティングを開催することになっている。今から非常に楽しみである。是非、成功させたい。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2014年5月13日 火曜日

第1回 スタディグループ赤坂会例会

5月11日(日)、東京国際フォーラムにて2014年度第1回スタディグループ赤坂会例会が開催された。
今回のテーマは『あの症例の予後を知る~赤坂会アワード症例のその後~』として、赤坂会例会で症例発表し、歴代のアワード受賞者から選抜され者がその予後を含めた症例発表を行った。







(寺西先生の基調講演。)

まず、顧問の寺西邦彦先生から基調講演があった。続いて友貞宗人先生(京町歯科医院)、野寺義典(銀座アベニュー矯正歯科)、藤田大樹先生(エド日本橋歯科)、吉田拓志先生(よしだ歯科医院) と私が順に症例発表を行った。それぞれのケースが懐かしく当時のことが思いおこされた。さらにその予後を知ることによって更なる発見や気づきもあり大変有意義であった。






(私は治療後17年の症例を発表しました。)

個人的なことでいうと、私の症例は寺西歯科医院勤務時代から約18年間診させていただいている患者さんで非常に思い入れが強いケースである。考えや技術等が至らないところもあったかもしれないが、改めて整理して発表することにより、沢山の勉強ができたと考えている。今後ともこういう機会を持ち、継続して患者さんを診ていく重要性を再認識していきたい。
さて、今週末は福岡で症例発表を行う。11月に予定されている福岡ジョイントミーティングの打合せを兼ねたプレジョイントである。こちらも有意義なものにしてきたい。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30