1.スタッフブログ

2013年10月18日 金曜日

10月 Terra小屋

10月16日 寺西歯科医院内セミナールームにてTerra小屋(勉強会)が開催された。
今回の演者は小森真樹先生と町田真吾先生であった。偶然にも二人は大学の同級生ということでライバルの競演となった。
トップバッターは小森先生でタイトルは「P.T.M.を伴う慢性中等度歯周炎、一部重度歯周炎に対し、L.O.Tおよび歯周組織再生療法、インプラントにて対処した症例」であった。まだ、治療途中の症例であったが、様々なテクニックを用いて全顎的な治療に取り組んでいた。前回の発表より数段レベルアップした姿を見せてくれたと感じた。ただ、まだ診査の段階でよくまとまっていない印象を受けた。しっかりと全体像を把握して治療計画を練り上げてもらいたい。







(発表中の小森先生)

続いて町田先生のタイトルは「インプラントと矯正にて咬合再構成を行った症例」であった。町田先生は矯正学的な診査も取り入れ細かく分析していたが、初期の分析にとらわれ過ぎて治療が進むにつれて収集がつかなくなっていたようである。治療のステップごとの再評価を柔軟性をもって行ったほうがよかったのではないだろうか。







(ディスカッション中の町田先生)

今回は今後を担う若手二人が発表してくれた。切磋琢磨してさらにレベルアップしてもらいたい。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2013年10月 5日 土曜日

第15回 PSD(補綴構造設計士) 必須セミナー

9月29日(日)、八重洲富士屋ホテルにて第15回PSD(補綴構造設計士) 必須セミナーが開催された。
PSDは川島 哲氏が主宰する補綴構造設計士の協会でありキャストパーシャルデンチャーを極めた団体である。今回私も依頼を受け講演の機会を得た。私の演題は「インプラントオーバーデンチャーI.O.Dの臨床的考察」とさせていただいた。最近、専門誌等でも特集が組まれることの多い分野をできるだけわかりやすく解説できたと考えている。






(インプラントオーバーデンチャーの講演中)

私の講演のあとはPSDの会員の方々の発表が続き、最後には川島 哲氏の最新のトピックを取りいれた講演で締めくくられた。非常に有意義な時間を共有できたと考えている。今後ともトップレベルのキャストパーシャルデンチャーを臨床に取り入れていきたいと思う。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30