1.スタッフブログ

2011年7月26日 火曜日

7月勉強会 TERRA小屋

7月20日(水)、寺西歯科医院にてTERRA小屋(勉強会)が開かれました。
沖縄ジョイントミーティングの余韻もさめぬまま熱いディスカッションが繰り広げられました。
今回の発表者は佐藤博宣先生(ウィステリアデンタルクリニック)と安藤智也先生(安藤歯科医院)の2名でした。







(先週のTERRA小屋の模様)

佐藤先生は全顎インプラントの症例でまだフィニッシュしていないケースでした。試行錯誤しながら難しい症例をすすめているようでしたが、佐藤先生自身、考いえ方がまだまとまっていないようでしたのでこれからいろいろな先輩達にアドバイスをもらって仕上げていくと良いのではないでしょうか。







(発表する安藤先生)

安藤先生の症例は全顎的なケースでステップを踏んで医院のスタッフともよく話し合いながら治療をすすめているようでした。
ただ、目の行き届かないところやケースをコントロールしきれていないところが気になりました。今後の成長を期待したいと思います。
来週はいよいよ盛岡ジョイントミーティングです。きっと盛り上がることでしょう。
今回は私も発表することになっています。頑張ってきます。
また、ブログでご報告したいと思います。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2011年7月19日 火曜日

沖縄ジョイントミーティング2011

7月17日(日)、自治会館(那覇市)にて沖縄ジョイントミーティングが開催されました。







(全員の集合写真)

沖縄ジョイントも今年で8回目を迎えました。昨年までは我がスタディーグループ赤坂会と沖縄のClub WESPICとの合同症例検討会でしたが、今年から榊 恭範先生率いる九州のK.I.D.S.が加わりました。
3つの会から2名ずつの演者が発表しました。







(トップバッターの中野稔也先生)

赤坂会からの発表者とタイトルは次のようでした。
吉田拓志先生「多数歯カリエスに伴った臼歯部咬合崩壊に対し、インプラントにより咬合支持を得た症例」
新藤有道先生「中等度歯周炎患者に対し、L.O.T.Implantを応用した症例」
WESPICからの発表者とタイトルは次のようでした。
宇根 良先生「LOT、IOD、ショートインプラントを応用した咬合崩壊症例」
西島本周二氏「MB(メタルボンド)用コバルトクロム合金の特性と臨床&プレステクニック」
KIDSからの発表者とタイトルは次のようでした。
中野稔也先生「歯牙移動を用いた補綴前処置」
樋口琢善先生「補綴物のマージンを歯肉縁下に設定する際の要件」
やはり3つの会合同ということで例年とは違った空気が流れていましたが、活気あるディスカッションが続き大変よかったと思います。
今後継続していけばより良い方向にすすむのではないかと感じました。







(懇親会は盛り上がりました)

閉会後は恒例の懇親会が開かれ、大変盛り上がりました。
来年も第9回目を開くことを確認し解散しました。
体力的には徐々にきつくなってきましたがこれからもできる限り続けていきたいと思っております。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2011年7月11日 月曜日

梅雨明け

先週の土曜日(7月9日)、関東地方の梅雨明けが発表されました。
例年より12日も早い梅雨明けだそうです。
いつものこの時期は沖縄でジョイントミーティングがあるのですが、確かに梅雨空の東京から快晴の沖縄に到着すると気持ちが弾んでいたような気がします。
今年は東京もすっかり暑いので沖縄に着いたときどんな感じになるんでしょうか。







(沖縄のビーチ)

その沖縄ジョイントミーティングですが、7月17日(日)に開かれ今年で8回目を迎えます。
年々熱いディスカッションを積み重ねてきましたが、今年は九州の榊 恭範先生率いるスタディーグループK.I.D.S.が加わることになりました。
九州の先生たちも非常に熱い方が多いので今年のジョイントミーティングはどんなことになるか楽しみです。
ジョイントミーティングの模様はブログでご報告したいと思っています。
頑張ってきます。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30