1.スタッフブログ

2011年6月27日 月曜日

6月勉強会 TERRA小屋

6月22日(水)、TERRA小屋(勉強会)がありました。
今回の発表者は李先生と歯科技工士の小林君、石毛君の3名でした。
李先生は長期に渡って治療を進めてきた症例の発表でしたが、なかなか難しいケースで一生懸命まとめているのがうかがえるものでした。しかし、まだまだ物足りないところもあり今後の飛躍に期待したいと思います。もうすぐ開業するとのことですからきっと頑張ってくれるでしょう。
小林君はセラミックの材質の違いによる臨床的考察を発表していましたが、赤坂会の歯科技工士は皆、高い技術を持っているので見た目にはとてもきれいに見えました。さらに咬合の問題等にも突っ込んだ発表が聴いてみたいです。
石毛君は寺西歯科医院に勤務してちょうど1年の歯科技工士です。今回は初めての発表ということで自己紹介的なものでしたが、寺西歯科医院OBとしてはちょっと厳しく「自己紹介は20分のうち5分であとはきちんとした症例発表をしましょう」という言葉を贈っておきます。
今回は期待していたのより少し盛り上がりに欠けていたかな~。
次回に期待しましょう。






(懇親会での寺西先生。こちらはいつも通り盛り上がりました!)

今週の水曜日には赤坂会例会の打ち合わせがあります。
9月の例会は私も発表する予定になっているのでしっかり話し合ってきます。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2011年6月21日 火曜日

OsseoSpeed

本日、アストラテックから連絡があり、待望のOsseoSpeedが厚生労働省から認可されたとのことです。
我々アストラテックインプラントのユーザーからすると本当にいい知らせです。
OsseoSpeed(オッセオスピード)というだけあってインプラント埋入手術から補綴処置までの期間が大幅に短縮されます。また、インプラント表面を覆う骨の面積も向上されるということです。











手術の仕方はよりやりやすいシステムになっているので手術時間も若干短縮できると思います。
しかし、新製品といっても日本以外では6,7年前から販売されていて日本が一番最後に認可されたことになります。
歯科に限ったことではないので一般の方もおわかりだと思いますが、とにかくすべての認可が遅いのです。これはどうにもならないのでしょうね。残念です。
OsseoSpeedのデリバリーは3か月後くらいになるようです。それまでもう少し待ちたいと思います。
ちなみに当院では他社の良好なインプラントも使っていますので手術を後に伸ばす必要はありませんよ。ご心配なく。
明日はTERRA小屋です。頑張ります!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2011年6月13日 月曜日

第29回日本顎咬合学会学術大会

6月11,12日、東京国際フォーラムにて第29回日本顎咬合学会学術大会が開催されました。
メインスピーカーのDr.John C Koisは無事来日し講演されました。来日キャンセルのうわさもあったので良かったです。
今回の学会で気づいたのは人が少ないな~ということでした。イコール活気がないということです。
Dr.Koisの講演したメインホールも空席が目立っていました。







(ポスターセッションの様子)

この学会に参加するようになって16年ですが、このような雰囲気ははじめてでした。
明らかに震災の影響だと思いますが、早くみなさんが積極的に参加できる状態になることを切に願います。







(業者展示ブースの様子)

さて、来週はTERRA小屋があります。
こちらは熱いディスカッションが繰り広げられるでしょう。
期待しています。

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2011年6月 6日 月曜日

O.S.I.Study Club第8回Conference

6月5日(日)、フジソフト アキバプラザ アキバホールにてO.S.I.Study Club第8回Conferenceが開催されました。
当初の予定ではDr.D.Ceochinatoを講師として招聘していたが、震災の影響で延期されOSIファウンダーによるチャリティー講演会に変更になりました。
震災後は海外からの演者のキャンセルが続いているようで、今週末からの顎咬合学会学術大会でもDr.Carl E.Mischの講演がキャンセルになりました。近頃ではメインスピーカーのDr.John Koisが来るとか来ないとか噂が絶えません。今後は以前のようにたくさんの海外演者に来日してもらえるようになるのを願うばかりです。







(講演中の伊藤雄策先生)

さて、今回のOSIの例会ですが、ファウンダーの方たちの講演は次のようなタイトルでした。
伊藤雄策先生「For The Longevity of Implants Treatment」
原 正幸先生「Sinus Liftを中心にインプラント治療を再考する」
金城清一郎先生「エイジングにあわせたインプラント補綴のメインテナンス」~Stage分類によるインプラント治療介入のタイミング~
寺西邦彦先生「進化したDental Implant?」〈その臨床的効果と評価〉







(講演中の金城清一郎先生)

みなさんご自身の臨床ケースを提示しながらインプラントの今後の展望についてまさに「ぶっちゃけ」たお話をされました。大きな学会等ではお聴きできないことが多々あり非常に参考になる内容でした。
ファウンダーの方々の講演後、会員発表があり閉会しました。
次回OSIカンファレンスは11月3日に大阪で行われる予定です。
今週末は第29回日本顎咬合学会学術大会があります。
私は11日(土)の午後から参加する予定です。
4週連続になりますが、頑張ります!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30