3.ジャイアンツ日記

2012年11月19日 月曜日

11月18日 侍ジャパンマッチ2012 日本対キューバ戦

11月18日 侍ジャパンマッチ2012 日本対キューバ戦。3対1、勝ちました。2連勝です!
強化試合2戦目も勝ちましたね。1回、2回とチャンスを作りましたが、あと一本が出ず、その後は全くチャンスが作れませんでした。キューバの守備も良かったですが、少ないチャンスをものにしていかないと本番はかなりキツくなるでしょう。オリックス・岡田やDeNA・筒香では役不足な感じがします。慎之助や日ハム・稲葉といった勝負強いバッターが必要ですね。
8回表にやっと堂林の3ベースヒットから坂本の犠牲フライで先制しました。坂本は今回の侍ジャパンでは非常に落ち着いてプレーしていたようにみえました。中心選手として日本一を勝ち獲った自信からなのか、堂々としていました。それは他のジャイアンツの選手にもみられました。頼もしいです!










(坂本、先制犠牲フライ!)

先発・澤村は故沢村栄治の永久欠番14を背負って投げました。昨日は短いイニングでしたが、非常に落ち着いて投げていました。2回1安打無失点、4奪三振のナイスピッチングです。コントロールも定まっていて変化球が冴えていました。152キロの直球を2ベースヒットにされまいたが、あとは安心して観ていられました。2回の三者三振は圧巻でした。








(澤村は2回1安打無失点4奪三振の好投!)

2番手以降のピッチャーもヒットは1戦目より打たれましたが、いい内容で本番も行けそうな感じです。ただ、西武・涌井は球が甘いですね。ホームランを打たれたスライダーも真ん中高めの激甘の球でした。この2年くらいそうなんですが、球にキレがなくコントロールも今ひとつです。後ろをまかせるのは非常に心配です。個人的には代表から外してもいいのではないかと思っています。名前をとるかピッチング内容をとるか山本監督はどう決断するでしょうか。
強化試合も終わりあとは最終メンバーの選考になります。メジャーリーグの選手は誰も出れなくなりそうですが、国内組で十分いけそうな気がします。ダルビッシュや黒田がいれば心強いですが、先発ばかりいても球数制限があって沢山の試合で投げられるわけではないですから。メジャーでほしいのはクローザーとして上原ですね。国内組で手薄なのはクローザーだと思います。先発は楽天・田中、広島・前田、ソフトバンク・摂津などいいピッチャーに頑張ってもらいましょう。できれば中日・吉見の故障が治ってくれれば先発陣は文句ないんですけど...。
来年はプロ野球、メジャーリーグに加えWBCも春に観られます。野球好きには今からワクワクして楽しみでしかたありません。あとは大ファンの松井秀喜選手の行き先が決まれば最高なんですが...。淡い期待を抱いて待ちたいと思います!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2012年11月16日 金曜日

11月16日 侍ジャパンマッチ2012 日本対キューバ戦

11月16日 侍ジャパンマッチ2012 日本対キューバ戦。2対0、勝ちました。
盛り上がりに欠ける試合でしたが、何とか勝ちました。まあ、ほぼ練習試合的なものなのでこれだけでは測れませんが、前回のWBCから3試合連続無失点で抑えているので、ある程度キューバ打線の傾向はつかめているように感じられます。キューバリーグはこれから始まり、3月はピークの時期になるのでもっと打線の勢いが増すでしょうが、日本の投手陣はビシッとやってくれそうです。
打線は実践から遠ざかっていた選手が多かったせいかつながりに欠けていました。日曜日まで試合があったジャイアンツの長野と坂本が2安打ずつ放ち普段のバッティングができていたようにみえました。打線も3月には調子が上がってくるでしょう。










(勝利!)

今回は若手主体で挑んでいますが、あまり違和感がありません。各チームで若手の底上げができているからでしょう。あと入ってくるとすればソフトバンク・内川や日ハム・稲葉といった数名の経験者でしょう。山本監督にはうまくまとめてほしいですね。
日曜日にもテストマッチがあります。練習試合とはいえやはり勝ってもらいたいです。頑張れ侍ジャパン!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2012年11月11日 日曜日

11月11日 アジアシリーズ優勝 巨人対ラミゴ戦

11月11日 アジアシリーズ決勝 巨人対ラミゴ戦。6対3、勝ちました!
決勝は台湾代表のラミゴ・モンキーズとの戦いになりました。2回表に石井のタイムリーと實松の2ランホームランで一挙4点を挙げ優位にたちました。その後6回表に矢野のタイムリー、7回表には坂本の犠牲フライ1点ずつ追加し、終始優位のまま試合を進めました。昨日も10安打6得点で3試合連続二桁安打を放ちました。












(先発・宮國は7回1失点の好投!)

先発・宮國は4回裏に一発を浴びましたが、7回を4安打1失点に抑えるナイスピッチングだったと思います。韓国のボールは日本のものよりばらつきがありピッチャーにとってはかなり大変だったようです。普段制球のいい宮國も4四球を出し苦しいピッチングにみえましたが、粘ってピンチをしのいでいました。先日の日本シリーズの投球といい、大舞台でも動じない安定感がありますね。来期は故障がなければ12,3勝は期待できるのではないでしょうか。澤村と右のエースの座を争えるピッチャーになると思います。頑張れ宮國!






(5冠達成!)

アジアシリーズで優勝し、これで交流戦・セ・リーグ優勝・CS優勝・日本シリーズ優勝の5冠達成です!全て獲ったのは初めてのことだそうです。まさに有終の美を飾ってくれました。最高のシーズンでした。来年も今年に負けないくらいに勝ち続けてもらいたいものです。気合入れて応援したいと思います。
レッツゴージャイアンツ!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2012年11月10日 土曜日

11月10日 アジアシリーズ 巨人対ロッテ戦


11月10日 アジアシリーズ 巨人対ロッテ戦。5対0、勝ちました!対戦成績は2勝0敗となり決勝進出を決めました。
予選リーグ第2戦はロッテ・ジャイアンツとのゲームでした。ロッテは韓国リーグ4位ながら地元開催枠なる意味不明の参加チームです。巨人は1回表から坂本のヒットを足がかりに村田の先制タイムリーが飛び出し1対0としました。3回表にもノーアウト満塁で矢野のダブルプレーの間に2点目を入れました。4回と6回には相手のミスなどで1点ずつ追加、9回表には坂本のタイムリーで5点目を入れました。打線は今日も11安打5得点と好調でした。








(村田が先制タイムリーを放ちました!)

先発・澤村は7回4安打無失点、奪三振6を奪いましたが、6回まで毎回の6四球を与え不安定な内容でした。まあ、0点に抑えたから良しというところでしょうか。澤村のような気迫で立ち向かうピッチャーにはちょっと気持ちの高ぶりが出ない状況だったのかも知れません。日本代表のキューバ戦では気合満点のピッチングを期待します。









(澤村は7回無失点の粘投!)

明日は台湾代表のラミゴ・モンキーズとの決勝です。昨年優勝チームのサムスン・ライオンズを破って決勝進出したチームでかなり勢いがありそうです。先発は宮國。ビシっと投げて優勝してもらいたいです。
レッツゴージャイアンツ!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

2012年11月 9日 金曜日

11月9日 アジアシリーズ 巨人対パース戦

11月9日 アジアシリーズ 巨人対パース戦。7対1、勝ちました!対戦成績は1勝0敗です。
いよいよアジアシリーズが韓国釜山社稷(サジク)運動場始まりました。試合の放送はCS放送(J SPORTS)のみの放送なので観れない方も多いのではないでしょうか。残念ですね。
初戦はオーストラリア(ABL)代表のパース・ヒートとの一戦でした。序盤は両チームとも決めてを欠き5回終わっ0対0の展開でした。6回表に1点先制されましたが、6回裏に坂本の犠牲フライで同点とし7回裏代打の慎之助が勝ち越しタイムリーを放ち2対1としました。さすが慎之助ですね~!この回は松本の犠牲フライと坂本のタイムリーも飛び出し4対1となりました。












(坂本は2打点の活躍!)

続く8回裏にはノーアウト満塁からタイムリーエラーと松本のタイムリーで3点追加して7対1とし、9回表を江柄子が締めて初戦を物にしました。久しぶりの実戦だったのでエンジンがかかるのが遅かったですが、終わってみれば12安打7得点の快勝でした。











(慎之助は代打決勝タイムリー!)

先発・小山は5回2/3を1失点、リリーフ陣(野間口、高木康、福 田、江柄子)は無失点で切り抜けました。これで明日のロッテジャイアンツ戦(対パース戦6対1)に勝つか引き分けるかで決勝進出が決まります。やってくれるでしょう!
今日の先発は澤村の予定です。CS、日本シリーズ共に好投を続けています。ナイスピッチングを期待します。頑張れ澤村!
レッツゴージャイアンツ!

投稿者 北大塚歯科 | 記事URL

カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31